ヒゲ脱毛は痛い?→痛いです!が、医療レーザーがオススメ。

ヒゲ脱毛

だいぶ前になってしまいましたが、前回の更新では、ヒゲ脱毛の方式選定の過程を記載しました。今回は、ヒゲ脱毛の方式に関する選定結果を記載したいと思います。

方式は、レーザー式を選定!

ざっくり比較検討の結果は以下のとおり、痛みはあるものの、効果は高いレーザー式を選ぶことにしました。やはり目的は、脱毛が実現できることになりりますので、そのポイントは最重要としました。

■レーザー式
医療用レーザーを利用して、ヒゲを毛根から焼き尽くす方式。
Q:○(脱毛効果は大。”かなり”痛い。ただし、麻酔があれば、耐えられるレベル。)
C:○(初期費用は高いが、一定期間施術し放題の定額プランあり。2〜3ヶ月に一度程度。)
D:△(元々の濃さによるが、最低でも1年以上は必要。)

■ニードル式
専用の器具を利用して、ヒゲを毛根から引っこ抜く形式
Q:△(脱毛効果は低。痛みはあまりない。)
C:☓(初期費用は安いが、膨大な回数の施術が必要。定額プランもなし。)
D:☓(元々の濃さによるが、膨大な時間がかかると思われる。)

痛みの少ないレーザーもあります!

以前はダイオードレーザーをはじめとした医療レーザーしかなかった様なのですが、いまは比較的痛みを抑えることが可能なものも出てきています。具体的には、メディオスターという機器はかなり痛みを軽減することを実現しています。

私も実際に両方とも受けたことがありますが、従来型の機器は控えめに言っても激痛です。(鼻の下のあたりは特に。。)例えるならば、ど太い輪ゴムを思いっきりパチン!と叩きつけるような痛みを感じます。笑気麻酔を使ったこともありますが、すこし気にならなくなるという程度で、正直なところやっぱり痛いです。

対して、メディオスターについてはギリギリ耐えられるくらいの痛みになります。痛みの質もだいぶ異なります。例えるならばチクチクする感じです。さすがに鼻の下あたりは、相当に痛いですが、麻酔がなくても何とかなるかな、というところです。(さらには、施術者の技術によっては、痛くないことがあることも先日初めてわかりました。)

レーザー機器の種類の豊富さと価格のバランスからゴリラクリニックを選びました。

わたしは、最終的にはゴリラクリニックの4年間脱毛し放題プランを選んでいます。理由としては、前述の比較的痛みの少ないメディオスターを保有していることと、他と比べても割安なプランがあったことが理由です。

現在は、6回+それ以降3年間は1回100円で受け放題のプランがそれとなります。(受け放題と言いつつも、2-3ヶ月程度の間隔を開ける必要があるので、回数に限界が出てくるため、その点は注意が必要です。)

〈最低限のコスト〉

88,600円〜

・鼻下+あご+あご下の三部位=68,800円

・時間制限解除(※)=19,800

※平日15:00以降、土日休日に受けられるようにするにはこれが必要。はたらいている人ならほぼ必須ではないかと思われる。

あとは、自分の状況によって、首や頰・揉み上げなどの部位追加をすることとなります。

最後に:効果はしっかりと感じられます!

継続して施術を受け続けることで、確実に効果は感じられることと思います。子どもに「ゴミが付いてる〜」と言われることも減りました。

あとは、休みの日などであれば、1日程度はヒゲを剃らなくても問題ないくらいにもなってきました。日々の出社前の時短にも繋がっています。

また、副次的な効果として、肌が綺麗になりました。やはり日々のヒゲ剃りという行為は、ダメージを与えているのだなとつくづく感じます。

以上のように、今のところいいことづくめに感じるヒゲ脱毛ですので、よろしければあなたもやってみてはいかがでしょうか。



コメント