iPad向けのワイヤレスキーボードを購入しました

IT関連

私は、iphoneやiPadを持っているのですが、キーボード入力に限界を感じることがありました。その感覚は、こうした文章を定期的に書くようになって、尚更強くなりました。

MacPCも利用していましたが、古いこともありパフォーマンスがいまいちだったのと、ちょっとした書き物をするためにパソコンを出すのは面倒にも思えてきました。そこで、iPadに連携できるワイヤレスキーボードを購入することにしました。

ワイヤレスキーボードに求める要件は?

まず第一に考えたのは、持ち運びができることです。どんなに利用しやすいものであったとしても、利用シーンを考えるとサイズと重さは重要な要素と考えたためです。

また、価格についても重要な要素として考えました。amazonで見ると、appleの純正キーボードは10000円超えと高価です。その品質とカッコよさは折り紙付きですが、ちょっとつかいにはこだわり過ぎな感もあります。一方で安価な製品は、1000円台からも用意されていました。ただ、それらは質感や見た目がチープという評価も多数ありました。

これらを踏まえると、バランスを考えて選定することが大事であると思いました。

Anker(r) Ultra – Slim Bluetooth Wireless Keyboard を選定

これらを総合して考えた結果、AnkerのBluetoothキーボードを購入しました。こちらの製品は安価ではありますが、質感も悪くない製品です。

 

ただ、コメントにもありますがキータッチの音が大きいと感じます。また、置いている机の材質によってはキーを打った時の振動でカタカタと音が響くような感覚もあるので、静か過ぎる場所での利用には、少し向かないかもしれません。

個人的には十分満足できる製品でしたので、このまま継続して使ってみたいと思います。

コメント